「民法過去問」タグの記事一覧(3 / 5ページ目)

特選民法過去問|表見代理・無権代理

|公開日 2017.5.10 【問 1】 買主Aが、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 ア CがBの代理人であることをAに告げて […]

特選民法過去問|代理総合問題

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aが、Bの代理人としてCとの間で、B所有の土地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 Bは、Aに対してCとの間の売買契約を委 […]

特選民法過去問|停止条件

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AとBは、A所有の土地をBに売却する契約を締結し、その契約に「AがCからマンションを購入する契約を締結すること」を停止条件として付けた(仮登記の手続は行っていない。)場合に関する […]

特選民法過去問|物権変動|対抗要件1

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aの所有する土地をBが取得したが、Bはまだ所有権移転登記を受けていない。この場合、民法の規定及び判例によれば、Bが当該土地の所有権を主張できない相手は、次の記述のうちどれか。 1 […]

特選民法過去問|物権変動|対抗要件2

|公開日 2017.5.10 【問 1】 不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において、第三者とはいわゆる背信的悪意者を含まないものとする。 […]

特選民法過去問|契約の解除1

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aが、Bに建物を3,000万円で売却した場合の契約の解除に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 Aが定められた履行期に引渡しをしない場合 […]

特選民法過去問|契約の解除2

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権移転登記がなされた。AB間の売買契約の解除と第三者との関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 […]

特選民法過去問|贈 与

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aは、Bから建物を贈与(負担なし)する旨の意思表示を受け、これを承諾したが、まだBからAに対する建物の引渡し及び所有権移転登記はされていない。この場合、民法の規定及び判例によれば […]

特選民法過去問|遺言・遺留分2

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aには、相続人となる子BとCがいる。Aは、Cに老後の面倒をみてもらっているので、「甲土地を含む全資産をCに相続させる」旨の有効な遺言をした。この場合の遺留分に関する次の記述のうち […]

特選民法過去問|弁 済

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aは、土地所有者Bから土地を賃借し、その土地上に建物を所有してCに賃貸している。AのBに対する借賃の支払債務に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか […]

ページの先頭へ