「民法過去問」タグの記事一覧

特選民法過去問|条文問題

|公開日 2018.1.11 【問 1】 次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。 1 意思能力を欠く状態でなされた意思表示が無効である旨 2 契約締結に当たって当事者が基礎とした事情に変更が生じた場合に […]

特選民法過去問|法定相続分・遺産分割

|公開日 2017.5.20 |最終更新日 2017.9.16 【問 1】 Aは未婚で子供がなく、父親Bが所有する甲建物にBと同居している。Aの母親Cは平成23年3月末日に死亡している。AにはBとCの実子である兄Dがいて […]

宅建 民法過去問黙示録の特色

|公開日 2017.5.13|最終更新日 2018.2.16 民法はむつかしくありません 苦手な人 コツがあります 1 民法で6点以上をとるための専門ブログ 当ブログ[宅建 民法過去問黙示録]は、民法をはじめて学習される […]

特選民法過去問|留置権|先取特権

|公開日 2017.5.11 【問 1】 建物の賃貸借契約における賃借人Aに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 Aが、建物賃借中に建物の修繕のため必要費を支出した場合、Aは、そ […]

特選民法過去問|請 負

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AがBに対して建物の建築工事を代金3,000万円で注文し、Bがこれを完成させた。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 請負契約の目 […]

特選民法過去問|制限行為能力|未成年者ほか

|公開日 2017.5.10 【問 1】 制限行為能力者に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 土地を売却すると、土地の管理義務を免れることになるので、婚姻していない未成年者が土地を売却する […]

特選民法過去問|抵当権1

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AがBに対する債務の担保のためにA所有建物に抵当権を設定し、登記をした場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 Aが通常の利用方法を逸脱し […]

特選民法過去問|抵当権2

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aは、Bから借り入れた 2,000万円の担保として抵当権が設定されている甲建物を所有しており、抵当権設定の後である平成20年4月1日に、甲建物を賃借人Cに対して賃貸した。Cは甲建 […]

特選民法過去問|抵当権3

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aは、Bから3,000万円の借金をし、その借入金債務を担保するために、A所有の甲地と、乙地と、乙地上の丙建物の上に、いずれも第1順位の普通抵当権(共同抵当)を設定し、その登記を経 […]

特選民法過去問|連帯債務・保証債務

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AとBが、Cから土地を購入し、Cに対する代金債務については連帯して負担する契約を締結した場合で、AとBの共有持分及び代金債務の負担部分はそれぞれ1/2とする旨の約定があるときに関 […]

ページの先頭へ