宅建民法講義|テーマ一覧

※宅建民法講義の解説は、すべて新民法に基づいて記述されています。

宅建民法|テーマ出題数一覧

民法総則

1|権利能力
2|意思能力と行為能力
3|未成年者
4|成年被後見人・被保佐人
5|意思表示   6|心裡留保
7|虚偽表示   8|錯 誤
9|詐欺・強迫
10|代理制度
11|代理原則1  12|代理原則2
13|表見代理   14|無権代理
15|時効制度
16|時効の援用・完成猶予・更新
17|取得時効・消滅時効
18|停止条件・期限

物 権

19|物権の性質 
20|物権の種類・内容
21|物権変動
22|対抗要件1(登記)
23|対抗要件2(登記)
24|所有権1(相隣関係)
25|所有権2(共有)
26|担保物権の性質・効力
27|留置権・質権
28|抵当権1   29|抵当権2
30|抵当権3(法定地上権)
31|根抵当権

債権総論

32|債務不履行1(履行遅滞・不能)  
33|債務不履行2(損害賠償)
34|連帯債務   35|保証債務
36|連帯保証
37|債権譲渡
38|債権譲渡(対抗要件)
39|弁 済    40|相 殺

契 約

41|同時履行の抗弁権
42|危険負担   43|契約の解除
44|贈 与
45|売買1(売主の義務・手付)
46|売買2(売買の効力1)
47|売買3(売買の効力2)
48|使用貸借
49|賃貸借1(基本原則)
50|賃貸借2(転貸借)
51|賃貸借3(敷金・賃貸借終了)
52|請 負   53|委 任

不法行為

54|不法行為1(一般原則)
55|不法行為2(使用者責任)
56|不法行為3(工作物|共同不法)

相 続

57|相続人・法定相続分
58|遺産分割
59|相続の承認・放棄
60|遺言・遺留分
61|配偶者居住権・短期居住権

購入者ページ|トップ