「民法過去問」タグの記事一覧(2 / 5ページ目)

特選民法過去問|保証債務・連帯保証

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AがBに 1,000万円を貸し付け、Cが連帯保証人となった場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 Aは、自己の選択により、B及びCに対して、各別 […]

特選民法過去問|連帯債務・連帯保証

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AとBが1,000万円の連帯債務をCに対して負っている(負担部分は1/2ずつ)場合と、Dが主債務者として、Eに1,000万円の債務を負い、FはDから委託を受けてその債務の連帯保証 […]

特選民法過去問|債権譲渡

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aは、Bに対して貸付金債権を有しており、Aはこの貸付金債権をCに対して譲渡した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。 1 貸付金債権に譲渡 […]

特選民法過去問|同時履行の抗弁権

|公開日 2017.5.10 【問 1】 同時履行の関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 動産売買契約における目的物引渡債務と代金支払債務とは、同時履行の関係に立つ。 2  […]

特選民法過去問|担保物権の性質

|公開日 2017.5.10 【問 1】 担保物権に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 1 抵当権者も先取特権者も、その目的物が火災により焼失して債務者が火災保険金請求権を取得した場合には、そ […]

特選民法過去問|所有権|共有

|公開日 2017.5.10 【問 1】 A、B及びCが、建物を共有している場合(持分を各3分の1とする)に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1 Aは、BとCの同意を得なければ、この建物 […]

特選民法過去問|取得時効

|公開日 2017.5.10 【問 1】 AがBの所有地を長期間占有している場合の時効取得に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 Aが善意無過失で占有を開始し、所有の意思をもって […]

特選民法過去問|意思表示|総合問題

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aが、A所有の土地をBに売却する契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1 AのBに対する売却の意思表示がCの詐欺によって行われた […]

特選民法過去問|虚偽表示

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aが、債権者の差押えを免れるため、Bと通謀して、A所有地をBに仮装譲渡する契約をした場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 1 BがAか […]

特選民法過去問|代理一般原則

|公開日 2017.5.10 【問 1】 Aが、Bに代理権を授与してA所有の土地を売却する場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 1 Bが未成年者であるとき、Bは、Aの代理人になるこ […]

ページの先頭へ